定番のフリーライド用ウィール。
ABEC11フリーライド、66mm 84a。
2

言わずと知れたウィールカンパニーABEC11。
そのABEC11のフリーライド用ウィール、フリーライド。
黄緑色とオレンジ色というビビッドなカラーリングで世界的に人気。

今回紹介するのは66mm84aのモデル。
所謂バター系と呼ばれる滑り心地のフリーライドの中でも硬めのタイプです。
このモデル特有のヌルっとしたスライド感を残しつつも、硬い素材特有のザラザラとした接地感を感じることが出来ます。

3

ストーングラウンド(皮剝き)加工は施されていません。
そのため、皮剝きが完了するまでは非常にグリッピーでスライドするには技術が必要です。
フルグリップでスロープを下るには、この状態で滑るのがオススメです。

4

 

皮剝きが完了すると上写真のような状態になります。
触り心地はサラサラと、新品状態とは全く異なる質感に変化。
この状態になるとスライド感が大幅に変わり、溶けたバターのように非常にスムーズなスライド感を得られます。
フリーライドウィールとしてはこの状態になってからが本領発揮!

路面にウレタンラインも付きやすく、自分のスライド量を視認出来ることも魅力。
その反面、ウィールの減りが早いという特徴もあります。

フリーライドウィールとしては知名度、性能どちらも世界最高峰。
どのウィールを使おうか悩んでいる人は一度このウィールを試してみてはいかがでしょうか。

5

 

ABEC11 FreeRides

【レビュー】キャデラック シュガーママ/ Cadillac Sugar Mamas

【レビュー】アースウイング ウルトラグライド/ Earthwing Ultra Glide

Facebook Comments

Jun iino

Jun iino

神奈川県平塚生まれ。
湘南エリアをベースにロングスケートボードのビデオを制作。
スケートスタイルはロングボードに限らず、バンク・ストリート・オールドスクールなどスケートボード全般。
スケートは上手い下手関係なく楽しくがモットー。
誰でも気軽にスケートボードを楽しめるように皆さんのお手伝いをさせてください!

More PostsFacebook

Leave A Response

You must be logged in to post a comment