2014年に新しく始まったプレシジョン・トラックの会社:SKOA TRUCKS についてレイン+スコアのチームライダー、トミー・ワットソンが紹介と感想を日本語で教えてくれます。

Tommy Watsonの言葉

最初に「こんにちは」!僕はレインとスコアトラックのスポンサーを受けている トミー・ワットソンです。僕は日本語を上手く使えないので少しおかしくなりますが、ごめんなさい。頑張ってスコア トラックの話しをしたいと思います。日本語は凄いく興味深くて楽しいです!

去年僕はスコアトラックのStream 7(ストリームセブン)を初めて見たて「スゲェ!」っと思いました!

Stream7は本当に独特なデザインだと思います。最初に見たときは僕はエアロダイナミックだけにデザインしたのかと思いましたが、僕は実際のを見て、考えた。。。ストリームセブンは自分の体重より凄く強い!これはI-Beam見たいだと思った。

Color Corected_Vapor ISO

素材をもっと少なくすることができての力を減らさず出来る! それにStream7のアクセル(車軸)とキングピンが近いから短くてグリップしそうでした!それから、僕は絶対これを乗ってみなきゃ!っと思って。Skoaに連絡して、僕はUwe(ウエ )(スコアのオーナ)と会った。

UweはSkoaを全部自分がデザインをしてます。彼はドイツから来て3年間前か らバンクーバに住んでいる。会った後、僕はStream7を乗って僕の思ったどうり だった。詳しくStream7の事を知りたかったら、ここでJun Iinoの記事をチェックアウトとしてください、でも僕の話したい奴は次のトラックの事だよ!

この次のはトラックはVaporと言うトラックだよ!VaporはUweと僕の一生物に作ったものだ。 去年の春から、僕がプロトタイプしていて、これをの作るの事になって僕はとても嬉しくなった!!

Vapor Back Slider

Stream7より、VaporのほうがもっとOffset(オフセット)でRake(レイク)がある。これでVaporのダイブの気持ちを大きくし、それに曲がる時には気持ちも落ち着く。

それに、固体のためにブッシィングシートも、もっと深くなった。ブッシィングシートはトールバレルも可能!

Vaporの滑りはとてもなめらかなで誰でも簡単にコントロールが出来る。 このトラックは優しい。あなたが転んだり間違えたら、ライダー達はもっと時間をかせいでハイサイドにならないように直します。

Tommy Watson - Skylands - Haste

全体的にVaporがとても楽しいのだよ!まあ、楽しさが僕らのスケッボしている理由でしょ?僕はいいニュースあって嬉しい。Fun WavesはすぐにSkoa Trucksが持ていて皆が便利でSkoaを見えて買える。皆僕の話をみてくれてありがとう!

僕の話が分かりやすいであろう!(笑)以上。

という事でした。海外でも人気を見せているこのトラックは日本でも手に入る事ができます!気になる方は スコア トラックのサイトにどうぞ。

ここでJun Iinoの記事をチェックアウトとしてください、でも僕の話したものはこれのあとに発売されたトラックの事だよ!

スコア トラック ストリーム7:レビュー

 

Facebook Comments

Yuji Fujiyama

Yuji Fujiyama

日本で生まれて5年。それからアメリカ/カナダに15年。日本語よりも英語の方が上手です。2011年にスケートを始めそれ以来ずっとスケートをしている彼は、ダウンヒル/フリーライドを中心にして滑っている。
『Ride Fast & Live Slow』

More Posts

Follow Me:
FacebookYouTube

One Comment
  1. […] #4 スコア プレシジョン トラック […]

Leave A Response

You must be logged in to post a comment