どうも、SKATE[SLATE] Japanの藤山です。日本の蒸暑い夏から逃げ、7月の始めからカラっとした夏の東方面のカナダでスケートを楽しんでいます。

毎日のようにスケートをしている僕の1日を3分の動画にまとめてみました。

オンタリオ州トロントのロングボードシーンは、日本のシーンとは別物と言っても良い程違いがあります。

まずライダー平均年齢からして違う。日本が30歳が平均なのに対してトロントはだいたい20歳ぐらいで、若者の間で凄く盛り上がっています。

トロントでスライドジャムやフリーライドのセッションに行くと、ほとんどのライダーが16歳未満。しかもその子達がもの凄いスピードからのヒールサイドのタチスラで20m、いや30mくらい距離を普通にスライドしていました。怖いです(汗)

Yuiji Fujiyama Photo Ontario Scene SkateSlateJapan

しかし、ダウンヒル(レース)になってくると平均年齢があがり、レース系のイベントが行われるとだいたい25歳ぐらいのライダーが参加しています。この年齢層のライダー達はスライドで遊ぶよりドリフトの方が好きみたいです!

そしてカナダ(特にオンタリオ州)ダウンヒルのタックを練習出来るスポットが沢山あります。日本ではあまり見ない格好ですよね。

Screen Shot 2014-08-12 at 2.53.55 PM

日本でダウンヒルというと、ヘアピンの多いクネクネした道を下っていくテクニカルなイメージですが、カナダのダウンヒルはストレートをハイスピードで駆け抜けるスタイルが主流。実際にTERRA NOVAという坂をローカルの人達と始めて滑った時は、スピードが80km/h以上出る坂をずっとタックしてどこまでも下っていって、もう死ぬかと思いましたよ(笑)

でも、道はほとんどまっすぐなのでスライドを入れずにもの凄いスピード感を味わえて最高でした!トロントスタイルと日本スタイル、どちらもとても楽しいので、僕は両方が好きです。

そして最後にOSNS (オールドスクール・ナイトシュレッド)です。毎週水曜日の夜9時半にある場所で集まり、トロント都内の立体駐車場を夜中の1時ぐらいまで滑るセッションです。

子供から大人、更にトロントのスケートボードショップの店長まで、沢山のライダーが一斉に集まるので色々な人に会えます。毎週凄く凄く盛り上がっていて、みんなとても楽しみにしています。

MORE FROM YUJI FUJIYAMA

983774_10152568971326112_8230406582628883988_n

こんな最高な毎日送っています。

皆様、来年の夏は是非カナダへ 行ってみてはいかがでしょうか?絶対に楽しい時間を過ごせますよ。

 

Facebook Comments

Yuji Fujiyama

Yuji Fujiyama

日本で生まれて5年。それからアメリカ/カナダに15年。日本語よりも英語の方が上手です。2011年にスケートを始めそれ以来ずっとスケートをしている彼は、ダウンヒル/フリーライドを中心にして滑っている。
『Ride Fast & Live Slow』

More PostsFacebookYouTube

Leave A Response

You must be logged in to post a comment