こんにちは、藤山です!

今日はセクター9の新しいボード、そして自分の大好きなライダー ルイス ピローニーのプロモデルボードをレビューしたいと思います。

簡単なスペック

長さ:39.5インチ |ウィールベース:26〜28.25インチ |フレックス:無し |作り:メープル

コンケーブ:マイルドコンケーブ + マイクロドロップ + ラディアルドロップ

DSC07598

フリーライド/ Freeride:☆☆☆☆

このボードを使ってのフリーライドはすごく楽しいです。

キックがついているため、キックを使ったスライドもできブラントスライドやショービット系の技もちゃんとできます。
ウィールベースが少し長めなので、長いスライドなどファスト フリーライドに最適です。

 

ダウンヒル/ Downhill:☆☆☆☆☆

このボードが一番輝くのがダウンヒルです。コンケーブもシンプルに仕上がっているためタックの状態がキープしやすいです。

ボードの前にあるラディアル ドロップと後ろにあるマイクロドロップのおかげで、足の位置がいつもどこにあるかわかります。

長めのウィールベースを持っているため、長くするほど安定して色々なコーナーをドリフトできます。

DSC07596

フリースタイル/ Freestyle:☆☆

このボードはフリースタイルの方にはあまりオススメしません。

キックがありちゃんと遊べる事は遊べますが、シングルキックよりダブルキックの方がいいと思います。

それにストックのグリップテープも荒いため靴へのダメージが大きいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セクター9のアローはダウンヒルとフリーライド用に作られています。

メープルでできているのにかなり軽いボードです。そしてボードについているテイルも結構強いです。

テールは坂の上でちょろちょろ遊んだりできるのですごく楽しいです。

DSC07599

他に似ているボードといえばセクター9のデイジーです。

ダウンヒルやファストフリーライドを攻めているあなたにお勧めします!

 

Facebook Comments

Yuji Fujiyama

Yuji Fujiyama

日本で生まれて5年。それからアメリカ/カナダに15年。日本語よりも英語の方が上手です。2011年にスケートを始めそれ以来ずっとスケートをしている彼は、ダウンヒル/フリーライドを中心にして滑っている。
『Ride Fast & Live Slow』

More Posts

Follow Me:
FacebookYouTube

Leave A Response

You must be logged in to post a comment