こんにちは。
Caliber Trucksライダーの山田高寛です。

By Takahiro Yamada


この記事はBlood Orange Liam morgan PRO Seriesのウィールレビューです。
今月、82a赤色コアに加えて80aの緑色コア、84a青色コアが発売されました。

今回は80a(緑)、82a(赤)、84a(青)の3種類を比較して使用した感想を記事にします。
このウィールは60mm/65mm/70mmの大きさがあります。
私が使用したのは70mmのウィールです。

簡単なスペック
直径:70mm|幅:46mm|接地面(コンパクトパッチ):32mm|
※大きさによって幅、接地面が異なります。

Blood Orange Review on SkateSlateJapan SkateSlate.jp

このウィールが最も適している使用用途はスライディングです。
スライド後はスライド痕がはっきりと路面に残ります。スライド時の感覚は「チョークで地面に絵を描く感じ。」地面にこすりつけながら、ウィールが減っていくのを感じます。

「路面をしっかりとらえながら、滑らかなスライドができる。」これがBlood OrangeのLiam morgan PRO Seriesの特徴です。

82a(赤)でこの感覚を味わった方が多いと思います。
では本題の80a(緑)、84(青)がどうなのか?

Blood Orange Review on SkateSlateJapan SkateSlate.jp-2

■80a(緑)を使ってみて。
カービング時に82aよりもウィールの柔かさを感じます。しっかりと地面に接地している感じです。カービングの質が向上しました。
その分、スライドの滑り出しが少し重くなった気もします。
スライド中のチョーク感は健在です。スライド中に引っかかる感じは一切ありません。

Blood Orange Review on SkateSlateJapan SkateSlate.jp-3

■84a(青)を使ってみて。
カービング時に82a(赤)よりもウィール堅さを感じる気がします。ハードウィールのようなカリカリしたものではなく、グリップのある堅さです。カービングに問題はありません。

スライドの感触はチョークだが、82a(赤)とは少し違う感触です。
アスファルトにチョークだったのが、「黒板にチョークになった感じw 」

Nori Tamura Shot_Yamada Takahiro_Shizuoka

路面との相性がありそうです。
ピカピカの新しい路面よりも、すこし目が粗い路面で良いパフォーマンンスを発揮するかもしれません。
ウィールの消耗が減り、燃費が少し向上している気もします。

Blood Orange Review on SkateSlateJapan SkateSlate.jp-5

Liam morgan PRO Seriesに共通しているのはスライド中の「チョーク感」
これは他のウィールにない独自のものです。
この感触は、味わったら癖になるかも…!?
スライディングが絶対に楽しくなるウィールです!

コアが透明で仕上げが、とてもきれいのウィールです。
セットアップに合わせて、色で選んでも良い気もします!
僕はデッキ、トラックが赤なので82a(赤)がお気に入りです。

 

ぜひお試しあれ!

 

 

Caliber Truck Co. and Arbor Skateboards, in association with Blood Orange, present GRADE; a downhill/freeride full-length film chronicling a year of travel with our top team riders. Tag along with James Kelly, Liam Morgan, Tyler Howell, Brandon Tissen, and Jordan Riachi as they travel to some of the most critical and challenging roads in the world. GRADE was filmed on location in Mexico, Hawaii, Northern Sierras, Laguna Beach, Australia, and Switzerland.

DIRECTOR: Jack Boston
STARRING: James Kelly, Liam Morgan, Tyler Howell, Brandon Tissen Jordan Riachi
PRODUCED BY: Brandon Stewart & Jack Boston
FILM/EDIT: Jack Boston
GIMBAL OPERATOR, ADDITIONAL FILMING, BUTTBOARD EXTRAORDINAIRE: Brian “Chubbs” Cortright
CAMEOS: Kaimana Pinto & Josh Musumeci
DRONE OPERATOR, GIMBAL TECH, GENERAL WIZARDRY: Alex Granelli
ART DIRECTION AND PHOTOGRAPHY: Dustin Damron
ADDITIONAL FILMING: James Kelly & Brandon Tissen

SPECIAL THANKS:

The Ferro Family
Josh Musumeci
Robo
Kurt Nischel
Duddy
Flavio Biehl
Spencer Joseph
Nate and Jessica Bryant
Kaimana Pinto
The Kelly Family
Fer Bailleres
Sergio Garcia
Alexander Diethrich
Kevin Mauch
Margaret Macksey
Kyle Buthman

Anyone who pointed us in the right direction, spotted corners. shuttled runs, or helped us out in anyway.

Thank you!

SOUNDTRACK:

“Timeaway” by Darkstar
“L.A. Girl” by The Adolescents
“Blitz” by Husk
“Starting Five” by Joel Jerome
“Train Song” by Vashti Bunyan
“World” by Felt
Jude Law in “Dom Hemingway”
“Far Away” by Cut Copy
“Two Headed Boy, Pt 2” by Neutral Milk Hotel
Michael Cusak in “Damo and Darren”
“Gradenhead/Leave Me Alone” by Neutral Milk Hotel
“Stone Free (Live at the Fillmore East)” by Jimi Hendrix
“Chemical Bomb” by The Acrobats

Facebook Comments

Leave A Response

You must be logged in to post a comment