こんにちは!Raynelongboardsのライダーをさせてもらってるタムラです。

僕の旅行記的な感じになってしまってますが、そこはご了承下さい

色々と帰ってきてから忙しく、イベントから1ヶ月近く経っていて”今頃おせ〜よ!”って感じだと思いますが、全く気にせず書かせてもらいます笑

以外と近場に世界レベルのライダー達とスケート、レースが出来る国があるの知ってましたか?それが僕が先月行ってきたフィリピンです。アジアの中でもトップレベルだと確信してます

スケジュールは見ての通り毎日スケートです

THE 6TH VISAYAN LONGBOARDING TRILOGY 2015

1st Leg Siquijor, Island
April 2 Travel Time to SiquijorApril 3 Registration / Free ride CampalanasApril 4 Race Day Campalanas

April 5 Free ride Poo Lazi / Slidejam

April 6 Travel to Valencia overnight

2nd Leg Oslob, Cebu

April 7 Lunch travel to Oslob

April 8 Oslob Mango Skate Clinic

April 9 Oslob Mango Skate Clinic

April 10 Oslob Mango Skate Clinic

 

3rd Leg Car- car Cebu

April 11 Travel to Car car
April 11 afternon Practice run VG HighApril 12 IDF VG High Qualifying

April 13 IDF Race VG High Finals all category / Awarding Party

April 14 Invitational Slide Jam VG High

April 15 Travel to Cebu KOA Treehouse Party

April 16 Nopo Bowl Jam

 
 2週間掛けて、3つのイベントを回るVLT2015
ファーストレッジSiquijor、セカンドレッジOslob、サードレッジCar- car
どれも僕の中でへ魅力的なコースで、中でもセカンドレッジのOslobは印象的
スタートからゴール地点まで3回滑るとウィールがほぼなくなります笑 そのくらいコースが長く、路面も荒めで超急斜度
どのくらい滑ってたのか正直あまり正確に覚えてないです、ゴールまで着くのに15分以上滑ってたような気がします。そのくらい長いんです!笑
 大半のコーナーは落ち込みのあるテクニカルなコーナーで、そのうちの幾つかのコーナーは落ち込みと言うか壁でした。斜度20%は絶対にあったんじゃないかと思います。
実際に僕の友達のバイクは、急斜度のコーナーを登っている最中にウィーリーをして草むらに突っ込んで行きました笑 その状況を見たあとのスケートと言ったら恐怖しかないです・・・笑
そんな超ハイレベルでハードコアな場所ばかりではなく、滑ってて気持ちが良かったのがファーストレッジのSiquijor
IMG_2036 2
IMG_2027
コースはメアリーヒルのように全てフルグリップ、環境、景色共に最高です!photo by ozzie
IMG_2035 2
個人的にもお気に入りの場所で、友達とパックランなんかも簡単にできちゃいます。photo by ozzie
さらに道を上っていくとテクニカルなコースに繋がっていて
IMG_2003
一つの場所で二通り楽しめる場所になってます。
ところで向こうでの生活はというと。。。
フィリピンでは物価が安く、バイクのレンタル3日間600ペソ(約1600円)マンゴー1キロ90ペソ(約240円)と日本ではあり得ない値段で、物価に関して高さを感じる事は全くありませんでした。
IMG_1962
僕の場合、キャンプサイトにハンモックを貼って寝泊りをしていたので宿泊代は殆どかからず
そして当然シャワーもないので川や池で体を洗ったり
意外と早い段階でワイルドな生活に”結構いけるじゃん!しかも楽しいかも!”と、慣れてしまった自分にちょっと驚きました笑
IMG_2010
日本では味わえないストレスフリーな生活をしたい方がいたらオススメです!慣れると楽しいですよ!〜笑
こんな感じで日々を仲間と過ごしつつIDFのレースへ向かうため最終目的地Car- car VG Highへ
このコースはハイスピードでテクニカルなコースの為、クラッシュが結構目立ちました
最高速度80㎞、ハイスピードからのプレドリフトをしたりしながらゴールまで滑って行きます
ここで驚いたのがフィリピンライダーたちの速さです!
ジェームス・ケリーのレースを観戦しようと最初のコーナーで待っていると
ジェームスよりも先に小柄なフィリピンライダーが怒涛の速さで目の前を一番で通過。。。 その光景に唖然としました。フィリピンのレベルの高さを目の当たりにした気がします
レースで表彰台に入ったフィリピンライダーはいなかったけど、トップのライダーに匹敵するほどの実力を持つライダーがいるんだなと改めて気づかされました
僕自身も練習走行で何度かコケてレーシングコース攻略の難しさを実感、どうやったら最速で滑りきれるのかを考えたり、他のライダーにどうやって滑っているかを聞いたりして、最速の滑り方の作戦を考えました
トップ10には入れませんでしたが予選は24〜27位あたりで通過
去年よりも断然良い結果を残せたので普段の練習のお陰だと思ってます!確実に毎年レベルアップをするのが目標の自分にとっては嬉しい結果でした!来年はもっと上にいけるように滑りを研究しなくては!今から来年のVLTがとても楽しみです!
今回のVLTに行けなかった人も、来年一緒にどうでしょうか?!
カナダ、アメリカに行かなくても超レベルの高いライダーたちとスケートできますよ
是非興味のある方は僕に声をかけて下さい、来年一緒にスケートアドベンチャーに行きましょう!笑
Facebook Comments

Leave A Response

You must be logged in to post a comment