北海道のKです!僕が使っているギア紹介第2弾!!

 今回はトラックです!今年の春からCALIBER TRUCKSの『Caliber 2 』 をずっと使っているので、僕のセッティングや乗り心地のレビューと、ちょっとした注意点を紹介します!

FullSizeRender

image3

このトラックは、ウィールを取り付けるハンガーの角度が44度と50度の2モデルあります!ハンガーの角度が90度に近いほどトラックは大きく曲がるので、44度よりも50度の方が半径の小さなターンができます。

 

僕は最初、ダウンヒル以外にもダンスやカービングも楽しめると思い50度をチョイスしました。

 

Caliber 2はキングピンホールが完全な円形になっていて、ハンガーとキングピンが干渉しないので、ターンがかなりスムーズです。それとブッシュ周りの遊びも少なくなっているせいか、ターン後の戻りも結構クイックです。

 

下の写真の左がCaliber 2です。通常のトラックだと、長く使っていると右のようにキングピンがあたる部分が変形してしまいます

image2
クルージングやダンスでのフィーリングはすごく良いのですが、反応が良すぎてダウンヒル時にチェックスライドをして板を真っ直ぐに戻す時などに、反発で逆方向にトラックが振れてしまい、少し不安定に感じる時がありました。
ブッシュを硬いものに変更しキングピンナットを少し強めに締める事により、その不安定感は解消されましたが、ダウンヒルをもっと楽しむために44度のものに交換しました。

 

44度の方は、スムーズなターンはそのままなんですが、高速時の不安定感も感じないので、50度のトラックよりも少しキングピンナットをゆるくして乗っています!

 

ただ、44度に交換してから頻繁にウィールバイトするようになったので、5mmのライザーパットを入れています!

 

image1

 

44度はトラックの高さも若干低くなるので、デッキの形によってはウィールバイトに注意が必要です!

 

 

CALIBER TRUCK: http://calibertruckco.com/

Remember『Hoot』-ギア紹介第一弾- PART 1

Facebook Comments

Leave A Response

You must be logged in to post a comment