“Your helmet initiative is really inspiring Mike!”

Nagi Makabe Photo

初めてヘルメットの必要性の記事を書いた日のことは忘れません。スケートボード仲間の何人かにSkate[Slate]Japanには載せるべきじゃない、と注意されました。

その後6ヶ月間悩みましたが、記事は削除しないことにしました。なぜなら、誰もが真実として知るべきことだからです。時に第三者が問いかける選択は大きな影響力を持つことがあると思います。

だから僕はこの記事を削除しませんでした。

それから何年かたって、この記事は常にアクセス数が上位にあがるほど多い記事になっています。

先月、長野の友達BEN GIBSONがヘルメットに対する彼の「考え」をソーシャルメディアに述べました。

それは以下の通りです。

大 事な話があります。 日本では、ダウンヒルのスケートボードがこれからブームになりそう。 僕は嬉しいけど、ありえないことをよく見る。 ヘルメット無しの滑り。

僕のスケボー歴は1987年から始まった。そしてダウンヒルを始める前は、ヘルメットをほとんど被らなかった。 でもダウンヒルが盛んなカナダで初セッションに参加したら「ヘルメットを被らないと一緒に滑らないぞ」って厳しい命令が友達の口から出た。

カナダのダウンヒルシーンはもう20年間ぐらいの歴史がある。その間に、無駄に亡くなってしまったスケーターが多すぎて、ヘルメットは必須ってルールが当 たり前になった。プロの映像を見ると、ヘルメットを被っていないスケーターはいない。

格好いいか悪いかじゃなくて、生きるか死ぬか。スノーボードと同じスピードでコンクリートの路上で滑るのは危険だ。スケートボードすると怪我するのは当た り前だけど、ダウンヒルの怪我はレベル違う。

ヘルメットをかぶらない人が転んで頭を打ったのをみたことがある。楽しいセッションは一気に最悪のトラウマになる。 その上、もし誰かがダウンヒルで亡くなったら、警察はどうするか?メディアの反応はどうなるか?全ての道路でのスケボーを禁止にする可能性が高くなる。

楽しくダウンヒルを滑ろうよ。 カナダと同じように無駄な死が起こらないように。 ヘルメットを被ろうよ。 ヨロシク

SkateSlateJapan_Helmet Love_Lids and HillsEnglish Translation

I still remember when I first wrote the Helmet Truth.  A few skater friends of mine warned me that I shouldn’t post the article on SkateSlateJapan.  It sat in our drafts section for 6 months before I finally decided that I couldn’t not help. Somethings cannot be helped, this we all know as truth.  Sometimes the questionable choices others make can effect a large community as a whole.  That is when I decided to take the article live.  Since that day a few years ago, it keeps popping back up on our most popular articles section and I haven’t researched why.
Last month a friend of mine from Nagano, Ben Gibson, posted ‘his opinion’ on helmets and hills and how the two go hand in hand very well.  Here’s what he wrote:

There is something thats been on my mind that I want to share. The Japanese downhill scene is set to take off. I am really happy to see that happening, but there is some bullshit that needs to be addressed. Helmetless riding. I started skateboarding in 1987, and up until I got into downhill a few years back, I almost never wore a helmet. However, when some friends took me out for my first DH session, they said straight up “Put on a helmet, or you can’t come with us”. Canada has learned this lesson the hard way in its 20+ year longboard history. Too many needless deaths has created a culture where helmets are the norm. Look at any pro footage, EVERYBODY wears a helmet. Its not about cool or uncool, its seriously about life or death. Fer chrissakes, you are going as fast as a snowboard on a concrete road, its frickin dangerous. Skateboarding in general is dangerous, but DH is uniquely dangerous, especially head injuries. I’ve seen a dude smack his helmet-less head, and these is nothing that turns a rad, amazingly fun session into a traumatic situation quicker. Dangers aside, what do you think will happen when downhillers start dying? What will the police do? How do you think the Japanese media will (over)react? Having the whole sport banned from public roads could very well be possible. So basically what I want to say is this. Lets have fun out there.

Don’t repeat the tragedies we’ve had in Canada. Wear a fucking helmet Ben

さて、皆さんはBENの意見をどう思いますか?BENは日本人のライダーがヘルメットを被らずに坂で激しく転んでいる動画を観て、この記事を書いたそうです。

その動画ではライダーは頭をヒットしていないので、OKってことになっているけど、BENにとっては過去の事故を思い出させるものだったので、書かずにいられなくなったそうです。僕もBENに賛同するし、もっと言いたいことがあります。

So, what do you think of Ben’s post?  He told me he wrote if after he saw a video of a rider in Japan that slammed on a hill hard with no helmet on.  He was OK considering he didn’t hit his head but it bolted Gibson into action because fears from the past came back to haunt him.  I can definitely relate to Ben’s rant but there’s more to say.

僕がBENに付け加えたいことを書かせてもらいます。BENが言うようにプロのダウンヒルスケーターは坂を滑るときは常にヘルメットを被っています。それを見ているキッズスケーターたちも当たり前のようにヘルメットを被ります。ここではヘルメットの重要性を語る必要はありません。

しかし、日本にはまだプロのダウンヒルスケートボーダーはいません。新しいカテゴリーだからです。スポンサードされているライダーたちは新たにダウンヒルを始めるライダーたちにヘルメットの重要性を教えています。

でも、我々も少し落ち着いて考える必要があります。「ヘルメットを着用しなければ滑ってはいけない」と強く言うことで2つの気持ちをライダーに持たせてしまう可能性です。

  • 1つは「命令されるならロングスケートボードを始めたくない」です。

そして

  • 2つ目は「命令されることで、ライダーが被ることを拒んでしまうこと」です。

アドバイスと教育が重要です。無理強いは通用しません。カナダのように自然なシナリオが理想です。

 What I can add the conversation is this.  Ben is right that Pro DH Skaters always wear helmets when they session on hills.  Kids that start see this and they look up to the riders.  It doesn’t take a whole lot of convincing. A lot of them wear helmets all the time.  Japan doesn’t really have pro dh skaters yet because this type of skateboarding is so new here.  There are sponsored riders and humble advocates all over Japan trying to educate new riders joining the importance of helmets and hills.  Yes, it is my opinion that we need to be vigilant in helping riders understand why so many of us feel this way.  We also need to chill out a bit too.  Telling people they HAVE to wear a helmet might have the reverse effect we had intended.  Two things could happen. 
  • 1) they may never even try longboarding because they simply don’t want to hang out with people that dictate what they have to do 

AND/OR

  • 2) these riders could straight up refuse out of stubbornness and cause themselves serious bodily harm . 
Education and sound advice is key.  Force never wins.  Unless it’s someone they look up to like the above scenario common in Canada.

 

プロスケートボーダーマイクバレリーの例をあげましょう。彼は現在「ヘルメットに慣れよう」というスローガンをあげています。“Get Used to It”

現在30歳以上のスケートボーダーはヘルメットを被るか被らないか悩んだことはありません。話し合うことも無かったし、ヘルメットを被ることをわざわざ教える人もいませんでした。2000年初めのロングスケートボードシーンはもっと違うものでした。

バンクーバーで起きたロングスケートボードブームに乗ったライダーたちは皆ヘルメットを被っていました。「ヘルメットに慣れよう」という言葉は必要なかったのです。僕たちはスケートボードを始めた日から既に「ヘルメットに慣れて」いたのです。

低価格の被り心地の悪いヘルメットは選びませんでした。高品質のヘルメットはライディングの一部であり、かっこいいデザインのヘルメットは購入の楽しみでもありました。ヘルメットをしないで坂を滑ろうとすると、自然に周りのライダーが注意していました。

最高のライディングが出来ました。ロングスケートを新たに始めるライダーたちには頭の怪我という心配はほとんどありませんでした。

僕自身もそんな心配をした記憶がありません。

Let’s take Mike Vallely for example.  He is a skater that I’ve always looked up.  Especially now that he’s initiated “Get Used to it”.  Just like so many of us skaters over 30, we didn’t think twice about whether or not rocking a helmet was necessary.  There was nobody talking about it and there was even less people educating skateboarders.  In the early 2000s, Longboard skateboarding was a much different experience.  Everyone involved in the Coast Longboarding Boom (Vancouver 2000-2010) wore a helmet.  There was no need for us to ‘get used to it’ because we got used it right from the first day.  We never settled for cheap and uncomfortable helmets that looked ridiculous.  A good helmet was just part of the ride and selecting a rad one was part of the fun.  The odd rider that attempted to ride without one was ridiculed and even yelled at within seconds of dropping in down a hill.   We had a good run.  For the number of new participants getting on longboards, there was very few that head trauma reports.  I actually don’t remember any.

 

 

 SkateSlateJapan_Helmet Love_Lids and Hills-2僕は現在38歳でスケートボードは13歳で始めました。僕の経験から提案があります。それは両親や先輩が若い世代のスケートボーダーにダウンヒルスケートボードとストリートスケートボードの違いを理解してもらうことです。ロングスケートボードはカービングを覚えるのがとても簡単。

女性、男性、若者、おじさん、おばさん、太っている人、痩せている人、背の高い人、低い人、誰でもロングスケートは楽しむことが出来るのです。

あなたがスケートボードはまだしたいけど、たくさんのトリックやフリップ技をしたくなくなったなら、ロングスケートボードがあります。

もしあなたがランナーやサイクリストだったりで、どこか怪我をしていてリタイヤ気味であれば、ロングスケートボードがあります。

あなたがスノーボードのカービングが得意だったり、サーフィンのリッピングが得意なのに、海や山に行く時間が取れないのなら、ロングスケートボードがあります。もしあなたが会社員で地位のある立場にあり、月曜日には怪我無く、出勤しなければならないのであれば、ロングスケートボードをするのには高性能のプロテクターが必要です。いろいろなプロテクターのギアがありますが、まずはヘルメットを被ることから始めましょう。大切なのは頭です。

そして次に手や膝パッドを選びましょう。どんなスケートボードを買うか迷う前にこれらのアイテムに予算を用意してください。価値のあるものです。

I’m 38 and have been skating since I was 13.  So I have a different kind of view.  My view is parents and mentors should help youth understand the difference between skating down hills and street skating.  The good news is the learning curve for new riders in longboarding is fast.  Women, men, young, not so young, heavy, thin, tall or short, everyone can get enjoyment from longboarding.  If you’re a retired skateboarder that still wants to thrash but doesn’t want to do a 10 set or learn hardflips, then Longboarding is for you.  If you’re runner or cyclist that has injuries from over riding or running, then long distance longboarding is for you.  It’s a great way to cover area and enjoy Japan.  If you’re a carve master on snowboard or surfer that can’t take time off work to hit the beach, then longboarding is for you.  If you’re committed to a good career and need to show up on Monday unharmed, then quality protective gear is for you.  There’s so many disciplines to consider that you might not even know where to begin.  Perhaps begin with good quality protection so that part is all taken care of.  Protect your head first, then your hands.  If you want to get gnarly, then knee pads should be added to your list.  Put these items in your budget before you start selecting what board to buy.  Worth the money for sure.

 

お父さん、お母さんたちへ。高品質なヘルメットは高価です。でも何年も使用可能です。強く地面にぶつけてしまわない限り、そう簡単には駄目になりません。僕は古い90年代のヘルメットのことは詳しくありませんが、被りにくいヘルメットがあったとは思いません。

現在販売されているヘルメットブランドはとても品質・スペックが良く、特に高価なヘルメットは被っている事を忘れてしまうくらい快適です。

僕の2人の子供たちはスケートボードを始めたときから被っているのが当たり前なので、被っていることを特に意識していません。

初めからヘルメットを被ることが大切です。子供たちは地面に頭を打つ可能性のあるスポーツや遊びをする際には頭を守ることがとても大切です。自転車、ストライダー、スクーターなどもです。

Parents, a good helmet may be expensive but it will last many years.  Maybe forever if your kid is lucky enough to not smack his head on the pavement. I didn’t wear a helmet in the 90’s so I can’t say for sure that they were uncomfortable back then.  What I can say is new designs by helmet brands are great and if you spend the extra money on a good helmet, you’ll most likely forget your even wearing it.   Take my kids for example.  I started them so young that when they put one their helmets, they often forget they have them on.  Which brings my back to one important point.  As leaders we need to start people right from the beginning.  As parents, we need to get our kids used to protecting their heads in activities that could result in their head hitting the ground.  Including biking, stryder and scootering.

SkateSlateJapan_Helmet Love_Lids and Hills-3最後に本当にあった話をさせてもらいます。ここに登場するスケートボーダーの家族のことを思い、名前などは公開いたしません。

5年前のある祝日にカナダでスケートボードのボウルのフェスティバルが開催されていたので参加しました。一年に一度のスケートイベントで、たくさんの仲間やトップスケーターに会えました。上手なスケートボーダーが沢山いたのです。プロのスケートボーダーもいました。このイベントにはストリート、ボウル、ランプ、といろいろなジャンルのスケートボーダーが参加していました。

ヘルメットをかぶっている人もいましたが、かぶっていない人がほとんどでした。

特にヘルメットをかぶることを強要する人もいませんでした。

地元で人気のあるスケートボーダーがいました。彼は常にヘルメットをかぶっていました。

しかし、この日の最後の一本、彼はヘルメットを被らなかったのです。スネイクボウルには一人のスケートボーダーが滑っていました。

彼はボウル内でこのスケートボーダーと衝突、頭を地面に強打しました。何人か応急処置の出来るライダーがいたので、すぐに彼の元に駆け寄りました。

50名近いスケートボーダーが集まり、この悪夢から覚めるのを祈りました。皆、彼が立ち上がり、「大丈夫、大丈夫」というのを待ち望んでいました。

僕は状況が深刻であることに気づき、すぐに映像撮影を止めました。応急処置をしているのは自分の友達でした。僕は彼だけでなく、その友達が最悪な状況に直面したことに、心が沈みました。

彼は二度と立ち上がりませんでした。

僕のビデオは二度と再生される事はありません。

以前から僕はヘルメットをかぶっていました。でもこの最悪の日以来ヘルメットをかぶっていないライダーを見ると心配になります。

僕はこの業界でいろいろとやってきました。かつて有名なヘルメットブランドの開発に携わったこともあります。

一年間、僕は信じられないスピードで滑るスケートボーダーの安全を守れるレベルのヘルメットの開発に投資もしました。

僕はヘルメットの事については詳しいつもりです。良いヘルメットがどういうものかも知っています。

スケートパークやストリートでヘルメットをかぶっていないライダーたちを注意するつもりはありません。もしあなたにどうしてもヘルメットをかぶりたくない友人がいるのなら、もしかしたらフィット感も見た目のスタイルも良いヘルメットに出会ったことが無いのかも知れません。

スケートを安全にカッコ良く、楽しみましょう。

SkateSlateJapan_Helmet Love_Lids and Hills-4

TSG Japan Kraken SKSJP

I’ll leave you with one more story that is all true.  However, in respect for the family of the man in this story, I’ve adjusted some details to protect their privacy.
On a well known holiday about 5 years ago I decided to join the festivities at a famous skate bowl in Canada.  It was an annual event where I could meet up with all my good buddies and watch some great skating.  The area had a lot of amazing skaters. Some were pro and some went on to being pro.  Some wore helmets but most did not. The riders that competed in this contest were a mix of longboaders, street skaters, ramp and bowl skaters.  Nobody was policing who was or wasn’t wearing helmets. Almost all the people that entered had a lot of experience.  One man who was a well respected member of the community was the kind of skateboarder that always wore a helmet.  He wasn’t judged for this despite most the skaters in his crew didn’t wear helmets. Friends of mine told me this man was one of their biggest inspirations in life so I always remembered that. Towards the end of the day he decided to take on more run without a helmet. It wasn’t his style but since very few skaters wore helmets it wasn’t a big deal.  Another skater that was already in the snake bowl somehow caused him to crash. Total accident. He fell and hit his head.  Some skaters on the scene had a high level of First Aid and immediately tried to their best to help their friend. About 50 skaters crowded over the deep bowl hoping this was a bad dream they could all wake up for.  Everyone wanted him to just get up and say, “I’m ok everyone”. As soon as I saw the seriousness of the situation, I stopped filming.  I then noticed the First Aid skater was one of my good friends that I sponsored and skated with.  My heart sank not only for the injured skater, and not only the other skater involved,  but for my friend that he was now involved in this terrible situation trying to save a life.  The man never woke up and everyone involved was traumatized for life.  My video never surfaced and I never want any of my friends to be in this scenario.
Before this day I wore a helmet anyhow. But after this day, I was affected forever when I see riders riding without a helmet.  I helped in many ways over the years. One time I helped a very well known helmet company by co-designing their very popular helmet.  One year I invested my own money to get people out of insanely unsafe speed helmets by co-producing and designing the Lid Tech.  I’m no rookie when it comes to helmets so if endorse it, it’s for good reason. 
I’m not about to go into skateparks or stop skaters in the street that don’t wear a helmet.  If you’re skating with friends that dont want to wear a helmet, then maybe, just maybe they’ve never had the opportunity to see rad looking helmets that fit well.  Yes, I said RAD. Now go skate!  be Safe and please tell people about this article.

“POLICE YOUR FRIENDS BEFORE THE REAL POLICE DO IT FOR YOU” – Jon Huey – SkateSlate Magazine

注意:これは僕の個人的な意見であり、

Skate[Slate]Japan のオフィシャルな声明・意見ではありません。この記事にご意見やご質問のある方は

Skate[Slate]Japan のフェイスブックにいただければ幸いです。

Please Note:  The above piece is my opinion and does not reflect the opinions of all skaters affiliated with SkateSlateJapan.  If you have a comments regarding this article, please let us know on skateslatejapan’s facebook.

現在手に入る最も優れたヘルメットに興味があれば、以下ショップを訪ねてみてください。

(星)入荷数に限りがあるので、予約をお勧めします。 後悔はしません!

If you’re interested in the best helmet available on the market, please Visit

SOYORIDING.com [TSG ONLINE OFFICIAL SHOP]

PANDORA SKATESHOP (TSG Dealer)

みたけ3丁目2‐26, Morioka-shi, Iwate , Phone: 019-601-9315

 

FUNWAVES SKATESHOP (TSG Dealer)

神奈川県茅ケ崎市出口町5-22-103 , Phone: 0467-87-6602

***Reserve your helmet now while quantities last.  You won’t regret it!

 

 

 

DanPape

DanPape

Dan Pape raced Danger Bay 1 to 10, organized Team Colabo, Co-Produced/Directed&Co-Edited The Fellowship of the Bearing then Co-Founded Skate[Slate] in 2010.

Launched in 2013, Skate[Slate] Japan is his most recent project. Check it out at SkateSlate.jp

More PostsWebsiteTwitterFacebook

Leave A Response

You must be logged in to post a comment