Photos by Ben Gibson & Dan Pape

はいみなさん、私は謝罪しなければいけません。私はひどい失敗をしました。皆さんにすぐにでもシティークルージング(街をクルーズ)の楽しさをお伝えしなければいけませんでした。今までSkateslate.jpでは、これからロングスケートボードを始める人達のためにも、シティークルージングの楽しさについて触れてこなかったのです。これを読む前に、この記事は最近亡くなった私の良き友人にインスパイアされたものだと言う事をしっていただきたいです。とても寂しいけど、私たちはやります。あなたは、私たちはなんでもできると言ったから!

Ok everyone I apologize.  I screwed up, big time.  I should have told you all sooner how great city cruisin is.  It’s really fun and we’ve never covered it on SkateSlateJapan.

Before reading on, I’d like you to know that this article was inspired by a good friend that I recently lost.  I miss you a lot buddy so here we go! It was you that said we could do anything!

Translation by Kei Onodera 【コラム】パパペイプの〜ランドサーフィンライフ〜City Cruisin’ Japan

8月で私が新しい街、横浜に越してきて3年になる。まあ、もう新しくないが、私には知られたくない秘密がある。それはシティークルージングがいかにすばらしいかという事だ。聞いて欲しい、これはハードコアなダウンヒルスケーターだけではなく、みんなに対してだ。

In October it will be 3 years since I’ve moved to my new home, Yokohama.  Well, it’s not new anymore but I have a dirty little secret to share. It’s about how great city cruisin’  is. Listen up please, this is for everyone, not just the hardcore downhillers.

2 Racing Shot of Dan Pape in 2008_Max Erwin Shot2002年から2012年まで私はずっとスケートボードでレースをしていた。実際、カービングやクルージングなど全部やっていたのだが。時速100キロを出す事を私は後悔していない。通行止めの道で滑るチャンスがない限り、私はそれを多分再びする事はないだろう。私は以前のようにハードには滑らない事を受け入れた。私はまだ早く滑ることが好きだが、私がスケートをしていたほとんどの時間をそれに費やしてきた訳では全くない。人々は私にトップスピードを訪ねてくるし、私は95〜105キロだと言っている。しかし、それは私一人の功績ではないし、クレジットも私一人では出していない。私の心の中では、この早さを可能にしたのは10年間一緒にスケートをしてきた仲間達がいたからという事だけだ。私たちはみんな同じくらいイカれていたし、そのうちの何人かは世界でも最高峰のライダーになっている。お互いに切磋琢磨してきた。練習方法は関係なく、真剣にスケボーに乗る時はそれが全てである。一般的な考えとして、「私がこいつらを信用したら、彼らは私を信用してくれるか。」そんなスピードの中では、信頼が絶対必要になってくる。

From 2002-2012 I raced skateboards, a lot.  Actually, it’s all I did other than carving and cruising.  Doing 100km/hr on a skateboard is not something I regret doing.  I’ll probably not do it again unless I’m challenged or given the opportunity on a closed road. I’ve come to accept that I’m not as hard core as I once was.  Although I still like to go fast, it is definitely not how I spend most my time when I’m on a skateboard.  Some people have asked me what my top speed was and I say it was somewhere between 95-105.  I don’t see it as a solo achievement though, nor do I take solo credit.  In my mind, the only thing that made it possible to go this fast was the friends that I skated with during these 10 years. We were all equally insane and some of these rippers went on to being the world’s best.   They pushed me and I pushed them.  No matter the discipline, when you take riding super seriously, that’s what it’s all about. Trust, and others introducing you.  The common thought was, “I need to trust this guy, or, does he trust me.”  At those speeds, trust is an absolute must.

 

Cruisin’ Japan

3 MinatoMirai City Crusin' with Dan Papeなぜこんな事を言っているかというと、スケートスレートジャパンはダウンヒルだけだと言う誤解があるようにみえるからだ。それは間違いで、私たちは全てのタイプのスケートボードを愛している。色んな滑り方の練習だ。誰もクルージングのビデオを作らないし、もし作ってもサイトの中だけだろう。実際に、最近の私のスケートは、ほとんどみなとみらいのナイトクルージングである。フルフェイスヘルメットやプロテクターで完全防備したりはしない。それも好きだが、ただクルージングして怪我なく一週間を始める方が良い。年を取ったという事か?多分そうだ。臆病になったという事か?それはまだ違う。ただ、今はクルージングに魅了されている。私はこの感覚を他の人と共有したいと思っている。近い将来、これがよりくると思う。一番好きなスケートボードの乗り方を変えることが、私がこんなにスケートボードを愛している一つの理由である事を、私はたぶん認めなければいけない。私はいつもそうしている。人々がそういう風に自分の考えを変える事が幸せに繋がると私は感じている。私は私の感じるままにスケートに乗るし、他のタイプのスケートボードに乗る事が、私の使いすぎた心を、他の事よりも癒してくれる。ここ数年は、シティークルージングが私に取ってそうなっている。

The reason I am bringing this up is because there seems to be a misconception that Skate[Slate] Japan is just about downhill.  It’s not, we love all types of skateboarding.  I’d say pretty much all disciplines.  Nobody makes videos about cruisin and if they did, these videos would be on the site. In fact, lately the majority of my skating is spent night cruisin’ around Minato Mirai. Not in a full face helmet and full protective gear.  I love that shit but lately I’d rather just cruise and start my week injury free.  Am I getting old?  probably.  Am I a chicken shit?  not yet.  But Cruisin just seems so appealing right now.  I’d love to share that feeling with others. More about that to come in the near future.  I should probably admit though, changing my favourite type of riding is one of the reasons I love skateboarding this much.  I do it all the time. I feel people change as so do the things that make you happy.  I ride how I feel and some types of riding are more therapeutic for my hyperactive mind than others.  The past few years it’s been all about city riding for me.

 

4 MinatoMirai City Crusin' with Dan Pape5 MinatoMirai City Crusin' with Dan Pape8 MinatoMirai City Crusin' with Dan Pape私が思うに、私が言いたい事は、スケートスレートジャパンのサイトのハードコアな写真やビデオに惑わされないで欲しいという事だ。それ以外も私が好きなベストがあると言いたい。私がロングボードに乗っているとき最も好きな事の一つが、下のような景色を楽しめる事だ。海岸線から山並み、そして美しい空のラインまで、ロングボードは景色を楽しむことが出来る。ロングボードを使う他のすばらしい事として、観光で使えばあなたの両手はフリーになる。あなたの美しい街をクルージングしているときに、写真を撮るのも簡単だし、プレミアムなコーヒーを楽しむ事も出来る。昔から、スピードを出すときにも、スピードだけではなく、頭や山の後ろの非常に魅力的な景色が好きだった。私は複雑な地形を楽しめるスポーツが好きだ。ロングボードをして年を重ねるごとに、私はこれがいろんな年齢やタイプの人にとってすばらしい物であるとより思うようになった。あなたは全くスリルを求める必要もないし、今までチャンスを逃してきたと考える必要もない。ここ最近、私はロングボードでいい景色の場所を探している。そして、日本にはいくつかのすばらしいクルージングスポットがある。

So I guess what I’m saying is don’t be tricked by all those hardcore photos and videos on this site.  Out of all the skating I like the best I’d like to say this. The longboarding I like the best is the ones where I can enjoy the best scenery while skating (see below).  From shore lines to mountain ranges to beautiful skylines, longboarding has a view for you. Another great thing about using longboarding for sight seeing is your hands are free while riding.  It’s easy to snap pictures or enjoy a premium coffee all while cruisin’ around your beautiful city.  Back in the day, what got me hooked on speedboarding was not only the speed, but the insanely captivating views from above and below the mountains.  I love sports that allow you do enjoy multiple terrains.    Every additional year I spend on a longboard, the more I realize how great it is for all ages and types of people.  You defintely dont have to be a thrill seaker, or even a skater to realize quickly what you’ve been missing out on all these years.  Recently I’ve been looking for the nice views all over the place on my longboard.  And wow, Japan has some great cruisin spots.

 

“Snowboarding through the City, that’s what it feel like when you have a nice city cruise”

画像をクリックして大きいサイズでご覧ください

7 Mountain Shot for MinatoMirai City Crusin' with Dan Papeまるで街中でスノーボードをしているように感じる。私がロングボードに乗っているとき、懐かしく、瞑想の状態のようになる。私は上の写真のような山をイメージする。私の友人のサーファーの多くも同じ事を言っている。ストリートスケーターでさえ、路面の振動でロングボードを始めている。

I feel like I’m snowboarding through the city. When I ride my longboard it’s nastolgic and it brings me into a kind of meditative state. I image mountains like the ones your see in the above picture.  A lot of my surfer friends say the same thing.  Even street skaters are starting to have longboards in their quiver.

Yoshi Too Much Dan Pape at Tenjindaira Banked Slalomスノーボードを例に挙げてみよう。もしあなたがスノーボードの雑誌を開いたら、世界のベストなスノーボーダーの写真を見るチャンスがあるだろう。それらのうちの何枚かは私が一生出来ないトリックをしているし、何枚かは深いパウダーでナイスなラインのカービングをしている。どちらにせよ、トリックも地形も、そこに行くのは困難である。あなたのラッキーによる物でもプロでも、ローカルのコネクションでも、あなたにスポットを見せてくれる。スノーボードをして20年以上になるが、私はまだその美しい雑誌のページをめくる事が好きだ。今私はディギン・マガジンの大ファンだ。私にプロがやっている事ができるか?できない。毎日フレッシュなパウダーで無限のラインを滑れるか?絶対に無理だ。しかし私は未だにスノーボードをしている。なぜならそれが好きだし、到達不可能な基準を叶える努力をしている。人生の楽しみを吸い取られるのは最悪だ。

Let’s take snowboarding for example.  If you open up a snowboard magazine there’s a good chance that the pictures will be of the best snowboarders in the world.  Some of them will be doing tricks that will forever be impossible for me, and some are carving nice lines in deep powder.  Either way, the trick, or the terrrain are quite hard to come by.  Either your lucky, pro, or have some localism connection showing you the spots.  As a fan of snowboarding for 20+ years, I still love to flip through the pages of a beautiful magazine.  Right now I’m a big fan of Diggin Magazine. Do I do what the pros do? no.  Do I get unlimited lines of fresh powder every day I ride.  Hell no.  But I still do it because I love it and never because I’m trying to live up to some unattainable standard.  That really sucks the joy out of things that bring so much love to ones life.

Bring a helmet, if you want to

6 MinatoMirai City Crusin' with Dan Pape話をロングボードに戻そう。ロングボードを買う人の90%はクルージングが目的だ。彼らはスライドグローブやいつもロングボードをするときに「被らなければ行けない」ヘルメットは必要ない。私がみなとみらいにクルージングに行くときに、ヘルメットは被らない。私はただ、リスクのある事をしたくなった万が一の時のためにバックパックに付けて持って行くだけだ。もし誰かが新しいトリックをを練習したいときに、いつもバックアップとしてギアを持つ事は良い事だ。私もスケートに乗ってそんな気持ちを感じるのは好きではないから、万が一のバックアップアクセサリーとして持って行っている。友達とただクルージングをする時は、それはたいした事はないし、約束事ではない。

Now, let’s flip it back to Longboarding.
About 90% of the people that buy Longboards just want to go out for a cruise.  They don’t want slide gloves and they don’t want to ‘have to wear’ a helmet every time they pick up a longboard.  When I go down to Minato Mirai I don’t wear my helmet.  I just bring it in my backpack in case I get stoked on something risky.  If someone wants to learn a new trick, then it’s always good to have a back up of gear.  I don’t like it when I go out riding and have that feeling so I bring some back up accessories just in case.  No big deal and no commitment to anything more than just a cruise with my buddies.

That sign says No Skateboarding or Bikes10 MinatoMirai City Crusin' with Dan Pape-2日本でロングボードでクルージングするのは本当に楽しい。「でもダン、スケートが禁止の場所もあるんじゃないの?」んー、多分あなたの近所でそれは真実だと思う。そこで、少しガイドラインを紹介しよう。あなたが美しい空を楽しみながらスケートを続けるために、考えなければ行けないソフトなエチケットがある。もう一つの力強いツールとして、コミュニケーションを良くとれるようにする事がある。普通の人にロングボードはレールなどでグラインドはしないこと、ぶつけたり飛んだりしない事、物を壊したりしない事を理解してもらう必要がある。あなたがそれを説明出来れば、スケートする事ができる。

Cruising around Japan on a longboard is really enjoyable. “But Dan, isn’t skateboarding illegal in some areas?”. Well, this may true in your neighbourhood so here’s a few guidelines . To ensure you can continue skating while enjoying your beautiful skyline there’s a soft etiquette to think about.  Another powerful tool is to be able to communicate well.  The average person needs to know that most Longboards don’t grind, or smash or even leave the ground.  There’s no destruction to property. If you can explain this, then you are already way ahead.

大まかなやり方として、あなたが尊重して、自転車のようにルールを守れば大丈夫。どうしてわかるのかって?今まで色んな所でスケートしてきたし、一度しか止められた事がないから。止められた理由は、そのときお祭りをやっていて人がたくさんいたから。それで全て理解した。わかりました!

As a rule of thumb, if you’re respectful and follow the rules like a bicycle, you’ll be fine. How do I know this?  I’ve only been stopped once and I skate all over the place. The reason, a festival was taking place and there was a lot of people.  Totally understand. Wakarimashita!

Tips to City Cruisin’

MinatoMirai City Crusin' with Dan Pape

1.  出来るだけ早く道の端により、歩行者や自転車に道を譲る。

  • Give walkers and cyclists the right of way and move way to the side as soon as possible

2. 人が多い所ではボードを持つか、スピードを落とす。

  • Pick Up your board or reduce your speed a lot in populated areas

3. ロングボード/スケートボードからのでる音を減らすため、ソフトウィール(78a)を使う。

  • Use Soft wheels (78a or lower) to reduce the sound emitted from your skateboard/longboard

4. もしスライドするなら、静かな所ではしない。お願いです。

  •  If you like sliding, do it in areas where the noise blends into other noises around.  Not in quiet neighbourhoods, please.

5. オートバイ乗りの様に、信号は赤の時は人ごみの前に出る。最初は失礼に思うかもしれないが、信号が青になった時に後ろにいるより安全だ。歩行者に感謝される。

  • Just like motorcyclists do in traffic, go to the front of the crowd while the light is red (at a Cross Walk).  At first this might seem rude, but it’s much safer than being at the back when the cross walk light comes on. The walkers will thank you.

6. テールをはじいてボードを素早く取る練習をする。前に進み始める時のボードにスムーズに乗る練習をする。

  • Learn to snap up your board quickly.  Learn how to drop your board and mount smoothly when beginning a forward motion.

7. プッシュとフットブレーキをマスターする。そんなの当然と思うかもしれないが、何人ものライダー達がスムーズなプッシュと完璧なフットブレーキで苦戦していたか言えない。これは絶対必要なので最初に練習しよう。一番良いのは外に行ってそこらへんをプッシュする事。

  • Master your pushing and footbrake.  This may seem obvious, but I can’t tell you how many riders I’ve seen that struggle with smooth pushing and a perfect foot stop. This is a must so practice that first.  The best way, go out and push around!

8.  ボードを外においておいたら、邪魔にはならない。そしてボードがあなたが見ていない時に倒れてしまわないようにダブルチェックしよう。もしあなたが近くにいなくてボードが倒れたら、風でどこかに飛んで行ってしまう。 ※望ましくは、外に置いておくか、前のドアの所に置いておく。日本で盗難される事は一般的ではないが、もし心配なら外のテーブルやボードの近くに座る。

  • Park your Longboard so that it’s clearly out of the way.  And double check that won’t fall down when you’re not looking.  You’re blowing it if it falls when your not there to catch it.  Note:  Preferably leave your rad ride outside or at the front door.  Theft is not common in Japan but if your nervous, take the outdoor tables and sit near your boards.

9. スケートツールを持って行こう。時々セットアップを閉めたり緩めたりする必要がある。準備しよう。

  • Bring a skate tool.  Sometimes you need to tighten or loosen your set up.  Come prepared.

10. 夜にクルージングするのがベストな解決策だ。人や車はいないし、クラフトビールが飲めるスポットが開いている!

  • Cruise at night for the best results.  Less people, less cars, more fun. And the Craft Beer spots are open!

11. 道に迷っても大丈夫。知らなかった場所を発見できる。でもこのオプションは一人で、時間のあるときに選ぼう。

  • Getting Lost is ok too.  You never know what discoveries you will make but maybe choose this option when your solo or have free time to spare

12. そして最後に、色んなレベルの人を招待しよう。私たちのグローバルなコミュニティは秘密のセッションでは育たなかった。愛情とあなたのセッションのプランをシェアすれば、新しく来た人も楽しめるだろう。

  • And lastly, invite people of all levels.  Our global communities didn’t grow by holding secret sessions.  Share the love and plan your session so that newcomers can enjoy too.

Closing Feeling

Blueline _ Dan Pape Ben Gibson Shotこの記事は最近亡くなった私の友人にインスパイアされた物です。私は時が来たらさらにシェアするつもりです。私たちはロングボードへの愛情を日本の隅々にまで広める為に、この強いヴィジョンをシェアしました。これを始める前に彼を失った事はとても寂しいです。そして私の深い悔やみで今苦しんでいます。彼のハートは正しい場所にあり、彼のビジョンは水晶のように明白でした。それは私たちが計画していた未来をすぐに明らかにしてくれたでしょう。日本の巨大なコミュニティはこんなにすばらしい人を失った事により途方に暮れてしまいました。私が日本に来てからすばらしい人たちに会いました。そんな彼らも、彼が私にしたように私に肯定的な方法でインパクトを与えたひとはいませんでした。私たちの共同のブレインストーミングはまったくもって私を感動的なものだった。それを彼に知って欲しかった。親愛なる友人よやすらかに眠って下さい。いつか、わたしはあなたの夢を叶えます。約束します。

日本にはグループで活動を続けるライダー達のコミュニティーがあります。私はいつもすばらしい時間をその良い人たちとすごし、私をいつも歓迎してくれる事を願っています。しかし、私にとって、日本のロングボードの未来で何が起きるかという、より大きなヴィジョンをシェアすることの一部になる。ということがあります。私はパイオニアと呼ばれてきて、日本のあまり歓迎しないという習慣の元の考えを尊重する人々に感謝をしています。パイオニアかそうでないか、真実は私にはわからない。私はバンクーバーのシーンにいたし、バンクーバーの何千人もの人たちのロングボードに対する愛情の最初の証人です。彼らはそれを雨の中でする程愛していました。(下のビデオをご覧ください。)もしあなたが私のようにその愛情を大衆に広めることに興味があるなら、daniel (AT) skateslate (DOT) comまでメールを送って下さい。不可能を可能にできると信じている人との肯定的なコラボレーションほど、私を幸せにすることはありません。

それでは、次のクルージングセッション(近々開催予定です)でお会いしましょう。※下のビデオのようにクレイジーな感じではありません(笑)

This article was inspired by dear friend who I recently lost.  I’ll share more about this when the time is right.   We shared a strong vision to spread the love of longboarding to the rest of Japan.  I’m so sad to have lost him before we could get this all started.  And my deepest condolences to all that are suffering at this time.  His heart was in the right place and his vision was crystal clear.  It’s much too soon to unveil the future we had planned.  A huge community in Japan was devastated by the loss such an amazing person.  Since I came to Japan I’ve met a lot of amazing people.  Not one of these persons have impacted me in such a positive way that he did.  Our collaborative brainstorms were nothing short of inspiring.  There is one thing I’d like him to know, it’s this.  Rest well my dear friend.  In time, I will make your dream come true. That I promise.
There’s a community of riders in Japan that would rather keep to their groups.  I have a wonderful time every time I’m with these good people and I hope I’m always welcomed.  But for me, there’s always gonna be a part of my that shares a bigger vision of what the future holds for longboarding in Japan.  I’ve been called a pioneer and I’m grateful for the people that respect original thinking that is not always welcomed in Japan.  Pioneer or not, the truth is I dont see it that way.  I was a part of Vancouver scene and witnessed first hand how thousands and thousands of people in Vancouver loved it so much.  They loved it sooo much they even did in the rain (see old video below).   If you’re interested in spreading the love to the masses like I am, please email me at daniel (at) skate slate DOT com.  There’s nothing that brings me more happiness than positive collaborative with people that believe the impossible is now possible.

See you on our next Cruisin Session (Coming Soon) Please Note: not too crazy like the one below haha

Facebook Comments

DanPape

DanPape

Dan Pape raced Danger Bay 1 to 10, organized Team Colabo, Co-Produced/Directed&Co-Edited The Fellowship of the Bearing then Co-Founded Skate[Slate] in 2010.

Launched in 2013, Skate[Slate] Japan is his most recent project. Check it out at SkateSlate.jp

More PostsWebsiteTwitterFacebook

Leave A Response

You must be logged in to post a comment