Well Rounded:  The Brandon Tissen Interview Japan Edition

By Jon Huey

Photos by Jon Huey and Dan Pape

Issue 14 Page 39

私が初めてブランドンに会ったのはオレゴン州、ハッピーバレーで行われたPDXスロープスタイルでの事だ。彼のスタイルから、パークまたはストリートスケーターだということはすぐに分かったが、その日ブランドンはKebbekのロングボードに乗っていた。風邪をひいていながらも、見事優勝し、その後壮絶なゲロをぶちかました。たった数ヶ月のダウンヒル経験ながらも、彼の才能はすでに開花し、素晴らしいライダーになるということは一目瞭然であった。スケートボードの中でもロングボーディングに対してはあまり良いイメージを持っていないストリートスケーターだった時代もあったが、今では“Skate Everything”、つまり「スケートなら何でもやる」というモットーを掲げている。8月に行われたCathlamet Downhill Corralでは二年連続のオールラウンド賞を受賞。八種目のうちの殆どで表彰台に上がり、Sidewalk ShowdownBoarder Crossは見事優勝。何をやらせても見事に乗りこなすのがブランドンである。

(more…)

DanPape

DanPape

Dan Pape raced Danger Bay 1 to 10, organized Team Colabo, Co-Produced/Directed&Co-Edited The Fellowship of the Bearing then Co-Founded Skate[Slate] in 2010.

Launched in 2013, Skate[Slate] Japan is his most recent project. Check it out at SkateSlate.jp

More PostsWebsite

Follow Me:
TwitterFacebook